本文へスキップ

配偶者控除と103万円−秋葉原 上野 税理士 会社設立

配偶者控除って給料が103万円までにすれば受けられますか?

Q:私は母からの相続で不動産の賃貸をしています。しかし1部屋しかなく最終的な所得は30万円ほどしかありません。生活が厳しくなってきたのでパートを始めようと思います。
夫にもその話をして、働き始めたのですが家事もあるので、毎日働くのは難しいので、配偶者控除を受けることができる範囲で、働こうと思っています。確か、給料が103万円以下なら配偶者控除をうけられるんですよね?

A:あなたの場合は、103万円以下の給料をもらったとしても配偶者控除は受けることはできません。配偶者控除の要件は、所得が38万円以下ということになります。
給料が103万円の場合、給与所得控除という経費が最低65万円認められます。
その場合、103万△65万=給料に対する所得38万円となります。
よって、給料収入のみの方は103万円以下の給料であれば問題になりませんが、あなたはその他にも不動産所得が30万円ありますから、所得が38万+30万=68万円となってしまいます。
なので、どうしても配偶者控除をうけたいのであれば、不動産所得が30万円な年間のパート収入を73万円までにすれば、配偶者控除をうけることができます。

秋葉原 上野 税理士 会社設立


バナースペース

新着情報 2019年5月7日
ボタン1消費税Q&Aページを追加しました
ボタン2消費税の任意中間申告
ボタン3ザ・海峡

上野 秋葉原 佐藤修治税務会計

税理士顔写真

代表税理士プロフィール
お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15
竹橋ビル503
TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM9:00〜PM5:00

写真で見るアクセス 神田駅より
写真で見るアクセス 淡路町・小川町

※秋葉原駅から徒歩約10分



法人のお客様
個人のお客様
税理士が必要かどうかわからない方
税理士変更について
節税について
採用情報(秋葉原 上野)
相互リンクについて
節税のページ
サイトマップ
電子化のすすめ
ひとこと
秋葉原・上野情報

Q&Aのページ
法人税
所得税
消費税
相続税
贈与税
その他税金
年末調整
経理
税務調査
税理士
議事録
融資
遺言
会社設立
H25年度改正

秋葉原 上野 経費削減 節税