本文へスキップ

みなし役員について 同族会社編−秋葉原 上野 税理士 会社設立

みなし役員について 同族会社編

Q:現在私は個人事業を営んでおります。妻と2人3脚でやってきました。
先日やっと法人化することができました。節税をしたいと思っていまして会社設立をしました。
会社の役員になったら賞与は出せなかったり、給与変更ができないと聞きました。
会社の出資は100%私です。妻は会社に関係させていなく従業員として雇って、賞与を出したり、給与変更をして利益の調整をしようと思っています。大丈夫でしょうか?

A:利益の調整と聞くと、悪いイメージを持つかもしれませんが、18年4月以前は、役員も年に2度くらいでしたら給与変更は可能でした。
現在は定期同額給与があるのでできませんね。
さて、今回のケースで奥様に自由に給料を出せるかというと・・・答えはYesでもあり、Noでもあります。
税法上は、同族会社の使用人のうち、その使用人の株の所有割合が5%を超えているもので、その法人の経営に従事しているものは法人の役員とする!というものがあります。
奥様は株式の所有割合は0%ですよね?しかしその5%基準は、その使用人の配偶者も含むということになっています。
つまり奥様の配偶者は社長であるあなた。つまり奥様の所有割合は0%+100%で100%所有ということになります。
なので、株主用件でいうとアウトです。しかし、会社の経営に従事してなければOKということになります。
つまり、他にも使用人がいて、その使用人と同じような仕事をして同じような給料をもらっていれば、みなし役員とはなりません。
しかし、その配偶者のみ賞与を多く出して、他の従業員に賞与を出さないようでしたら、結局はその配偶者は特別としているので、法人の経営に従事と言えなくないため、みなし役員とされてしまうでしょう。

秋葉原 上野 税理士 会社設立


バナースペース

新着情報 2019年5月7日
ボタン1消費税Q&Aページを追加しました
ボタン2消費税の任意中間申告
ボタン3ザ・海峡

上野 秋葉原 佐藤修治税務会計

税理士顔写真

代表税理士プロフィール
お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15
竹橋ビル503
TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM9:00〜PM5:00

写真で見るアクセス 神田駅より
写真で見るアクセス 淡路町・小川町

※秋葉原駅から徒歩約10分



法人のお客様
個人のお客様
税理士が必要かどうかわからない方
税理士変更について
節税について
採用情報(秋葉原 上野)
相互リンクについて
節税のページ
サイトマップ
電子化のすすめ
ひとこと
秋葉原・上野情報

Q&Aのページ
法人税
所得税
消費税
相続税
贈与税
その他税金
年末調整
経理
税務調査
税理士
議事録
融資
遺言
会社設立
H25年度改正

秋葉原 上野 経費削減 節税