本文へスキップ

税理士を変更したい方−秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

税理士を変更したい方

税理士変更の必要がないか考えてみましょう

現在の税理士に不満はありませんか?
税理士との顧問契約で一番大切なのは、長きにわたって付き合えるかどうか?です。

会社を経営していくうえで「社長の引退、事業承継、相続」などの問題は、
長期の計画を立てて、対策をしていく必要があります。
現在だけを考えずに会社及び社長の未来のために、長く付き合える税理士と顧問契約する必要があります。

会社を継続するということは、「社長についてきてくれる従業員」と「従業員の家族」「社長を信頼して取引をしてくれる取引先」を守ることでもあります。
会社を強く継続していくために、現在の税理士のままで不満がないか?変更する必要がないか?を考えていきましょう。

税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

税理士変更によくある、税理士に対しての不満

税理士に不満があり変更したいという方の中に、次のような不満があります。
当てはまる場合は変更するかどうかを判断をする必要があります。
税理士変更あるある
(1)威張っている先生なので、何も話ができない又は話を聞いてくれない
(2)無資格の知識の浅い従業員やパートが担当で、所長税理士が話をしない
(3)
説明の際に法律用語や会計用語などが多いため理解ができない
(4)
税務調査の時に税務署寄りだった。
(5)
高齢の税理士で後継ぎがいないため、今後税理士変更する必要が確実である
(6)
担当者の変更が多い。また、担当者と相性が悪いのであまり相談できない。
(7)細かい経理指導をしてくれない
(8)価格が不満

(1)番目から(5)番目までの税理士と、今後何年も付き合っていくと考えるのはつらいものです。
すぐにでも変更を考えたほうが良いでしょう。
税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

威張っている税理士なので話ができない

話を聞いてもらえない
残念ながら威張っているは実際に多いです。
自分だけが正しいと思いクライアントの主張を聞きません。
今後社長が引退するまで良好に付き合えるとは思えません。

これはクライアントから「先生」と呼ばれ、税理士事務所自体が中小企業なので、トップがやることに従業員が反対しないため、自分だけが正しいと思い込む先生です。
社長と税理士はパートナーです。取引先ではありません。
しっかりと社長の話に耳を傾ける税理士でなければ、良いアドバイスを受けることは難しいでしょう。
相談できないなら変更を考える必要があります。

税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

無資格の知識の浅い従業員やパートが対応し、所長が対応しない。

対応に不満
担当が税理士でなくても申告はできますが知識がない分、会社にとっての良い提案や、今後起こりうるリスクなどの対策についても、具体的なアドバイスができません。
中小企業こそ、さまざまな会社を見てきた税理士のアドバイスが必要となります。
ただの従業員では教育が追い付かないため、
数字の説明をするだけで会社の将来のためになるアドバイスができません。
また、税理士でないため税務の知識があるわけではないので、
そもそも何が問題になるのかが、わからないケースがありますので担当者が心配であれば変更を考えましょう。
税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

説明の際に法律用語や会計用語が多くて、よく理解できない

話が理解できない
税理士は難しい法律用語や会計用語になれていますが、クライアントが慣れているわけはありません。
また、
中小企業の社長はやるべきことが多いため、法律や会計に詳しくなる必要はありません。
ただ、
本当に大切なことだけを覚えて会社の数字を見て、銀行などに説明できるようになればいいです。
難しい言葉しか使わない税理士や、会社経営にあまり役に立たない財務分析ばかり提案する税理士は、クライアントのことを考えていない証拠です。

税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

税務調査の時に、税務署寄りだった

社長の味方をしてくれない
税理士として論外でしょう。不満にも思いますし、変更すべきです。
会社の将来に役立つ節税はするべきですし、
税務署だって間違える時はあります、何より1日、2日の調査で会社のことを全て理解できるわけではないので、会社のことを理解した税理士がしっかりと対応する必要があります。
会社を理解できていなければ、税務署にも対応できないでしょう。
調査の時に表に立つ税理士が普段から頻繁に社長と話す必要があります。
税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

高齢の税理士で後継ぎがいない

高齢で後継ぎがいないというのは、良くあります。
社長よりも先に引退される方
と組むのであれば、会社の未来のために後継者がいるのかどうかを確認しましょう。
いなければ社長の会社の将来を見る気がない
ということです。
後継者がいるか…もちろん問いただせば、後継者がいると答えるでしょう。
それは誰なのかまで聞きましょう。
明確な返答がなければ後継者はいないでしょう。

税理士を変更すれば、変更前の
会社の申告状況等聞くことができません。なので、長期で付き合える税理士と組むべきです。

変更に伴うトラブルもありますし、解約の際の話し合いは大変
かもしれません。
うまい解約の仕方をお教えしますので、是非無料相談までご連絡ください。

適切な時期に適切な意思決定をすることは社長の大切な仕事です、先延ばしにしては取り返しのつかないことになりかねません。
税理士の変更-秋葉原と上野の佐藤修治税務会計事務所

(6)から(8)までの不満

「価格」に大きくかかわってきます。
価格が安ければ安いほどサービスの質が下がるのビジネスの世界では当たり前です。
担当者に優秀な者をつけて変更をあまりしないようにしてほしい。
細かい経理指導をしてほしい。
などはそれなりの顧問料を支払っていないと実現しません。
税理士の変更はまず、
報酬に合ったサービスをしっかりと受けているかの確認が必要です。

現在よく広告やHPなどで、顧問料が非常に安いという事務所が多いですが、あれにはカラクリがあります。

顧問料を下げるためには、その会社に充てる時間を削らなくてはなりませんし、給料の高い優秀な従業員をつけることもできません。サービスの質を低下させ、パートや新入社員に対応させることによってコストを下げるわけです。

実際、格安事務所に顧問を依頼して契約後の内容がひどいため顧問契約を変更をしたケースはあります。

安ければいいというわけではありません。税理士の顧問契約は安い事務用品を購入するのとは違います。会社の継続におおきく関わるものです。

「価格が不満」というのは現在受けているサービスに対して不満なのかどうかを考える必要があります。
場合によっては税理士を変更することによって、サービスの質が低下し後悔することもあります。

価格について不満がある場合は、一度顧問税理士と話し合い、変更するか検討しましょう。

今の税理士でよいか不明な時は、是非ご相談ください。

気軽に相談お問い合わせ連絡先携帯電話もOK


秋葉原 上野 税理士 会社設立


バナースペース

新着情報 2019年5月7日
ボタン1消費税Q&Aページを追加しました
ボタン2消費税の任意中間申告
ボタン3ザ・海峡

上野 秋葉原 佐藤修治税務会計

税理士顔写真

代表税理士プロフィール
お気軽にご相談ください
〒101-0047
東京都千代田区内神田2-15-15
竹橋ビル503
TEL 03-3526-3792
FAX 03-3526-3794
営業時間 AM9:00〜PM5:00

写真で見るアクセス 神田駅より
写真で見るアクセス 淡路町・小川町

※秋葉原駅から徒歩約10分



法人のお客様
個人のお客様
税理士が必要かどうかわからない方
税理士変更について
節税について
採用情報(秋葉原 上野)
相互リンクについて
節税のページ
サイトマップ
電子化のすすめ
ひとこと
秋葉原・上野情報

Q&Aのページ
法人税
所得税
消費税
相続税
贈与税
その他税金
年末調整
経理
税務調査
税理士
議事録
融資
遺言
会社設立
H25年度改正

秋葉原 上野 経費削減 節税